コロナ対策を徹底し営業しております。

神田山神社 ギャラリー/Gallery

神田山神社

(上越市頚城区塔ケ崎/とうがさき)

943-0216
新潟県上越市頸城区塔ケ崎53番地
TEL 025-530-2416

神田山神社は大池南側に鎮座する。
祭神は農業生産の三神、すなわち須佐之男命(農蚕の神)、月夜見命の神(夜守の神)、稲倉 魂 命(稲作の神)である。
明治元年(一八六八)の神仏分離令により、神仏習合の真言宗神田山顕日寺が廃され、
神田山神社として祀られた。
御神体は顕日寺本尊であった行基(六六八年ー七四九年)作と伝えられる木彫り十一面観音坐像(像高三一㌢)であるが、中世期の作と考えられる。
光背は円光、十一の苦薩を頭に載せ、左手に花瓶を持つ。
大正四年(一九一五年)に金箔に塗り替えられた秘仏である。
拝殿は観音堂を改築したもので朱塗り

TEL

025-530-2217

お気軽にお電話でご相談ください

Email : kandayama_ito-seikotuin@joetsu.ne.jp

Copylight © ITO-SEIKOTUIN