コロナ対策を徹底し営業しております。

接骨院の保険適用について

接骨院の保険適用についてご説明致します。

接骨院での受診では、健康保険が使える場合と、使えない場合があります。

接骨院で健康保険が使える症状

●捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)(出血を伴う外傷は除く)
●負傷原因がはっきりしている、筋ちがいぎっくり腰等
●骨折・脱臼
※骨折・脱臼の応急処置(1回目の整復)はできますが、2回目以降の治療には「医師の同意」が必要です。
※ケガでも勤務中や通勤途中のものは労災適応になりますので、健康保険は使用を出来ません。

接骨院で健康保険が使えない症状

● 日常の疲労・肩こり・腰痛・体調不良
● スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
● 打撲や捻挫が治った後のマッサージ等
● 症状の改善が見られない長期にわたる漫然とした施術
● 五十肩(四十肩)による痛み
● リウマチや関節炎などの神経性の筋肉や関節の痛み
● 脳疾患後遺症等の慢性病
● 椎間板ヘルニア等の医師が治療すべき病気
● 数年前に治療した箇所が自然に痛み出したもの
● 過去の事故などによる後遺症(症状固定)
● 負傷年月日や負傷原因が不明確で捻挫、挫傷との因果関係のはっきりしないもの
●「捻挫・打撲・挫傷」で同一部位の治療を外科・内科・整形外科などで受診しながら、同時に接骨院にもかかっている場合
● 医師の同意のない骨折や脱臼の施術(応急処置(1回目の整復)は除く)
● 交通事故(自損事故は除く)・勤務中・通勤途中のケガ

接骨院の療養費は、本来患者様が費用の全額を支払った後に、患者様自らがその領収書を持って健康保険組合など(保険者)へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、
接骨院については、例外的な取り扱いとして、患者様が自己負担分(1割・2割・3割)を接骨院に支払い、柔道整復師が患者様に代わって残りの費用を保険者に話来する「受領委任」という方法が認められています。
このため、毎月月初めに必要書類(レセプト)に患者様の直筆のサインをいただくことによって
窓口では病院・診療所にかかったのと同じように自己負担分のみ支払とにより施術を受けることができます

お願い

当院にて治中に、病院で湿布や薬(痛み止めの注射も含む)、レントゲン、各検査等をされた場合は、いかなる場合でも保険診療が受けられなくなります。
必要な場合は、当院から紹介状をお渡しして対応させて頂きます。

ご不明な点がございましたらご相談下さいます様、併せてお願い申し上げます。

TEL

025-530-2217

お気軽にお電話でご相談ください

Email : kandayama_ito-seikotuin@joetsu.ne.jp

Copylight © ITO-SEIKOTUIN