コロナ対策を徹底し営業しております。

今年の節分は要注意!!

今年の節分は要注意!!

昨年は鬼滅の刃が大ヒットしましたね。
鬼退治と言ったら「桃太郎」か「節分」?

「節分」と言ったら「豆」

そこで節分だけに、豆知識

「節分」は、その名の通り季節の分かれ目。「立春の日の前日」が「節分」となるので、「立春」がずれると節分もずれるわけです。

因みに、今では2月3日に定着している節分ですが、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを「節分」と呼んでいました。
ですので、節分は名前の通り「季節を分ける」ということを意味している言葉です。
立春・立夏・立秋・立冬は季節の始まりの日であるため、それぞれの前日は季節の変わり目にあたり、それが「節分」だったのです。

現代では2月3日だけが節分になっていますが、これは4つの季節の中で「立春」が最も重視されていたためです。
春の訪れである立春は1年の始まりでもあり、とくに待ち望まれていました。徐々にこの考えが強まり、立春の前日だけを節分と呼ぶことになったのが現代の節分の由来だといわれています。

では、なぜ立春の日がずれるかというと、閏年(うるうどし)と同じ感覚です。
1年間を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、1年に少しずつ誤差が出てきてずれが生じるわけです。
そのずれた結果、2021年は2月3日が立春にあたるわけです。

ちなみに「立春が2月3日」つまり「節分が2月2日」になるのは、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶり。

そして、今年の逆に37年前の1984年(昭和59年)は立春が2月5日で節分が2月4日でしたが、皆さん覚えていらしゃいますか?

ここで皆さんに質問です。「節分」には何をやられますか?
「豆まき」・・・そうですね
「恵方巻きを黙って食べる」・・・それは商人があとからこじつけた商売です

節分に太い巻きずし、恵方巻きを食べる、という風習がここ数年日本中で流行しています。しかしながら「恵方参り」という風習は逆に廃れてきてしまいました。

本来、「恵方参り、もしくは恵方詣り(えほう詣り)」は、日本の正月行事の一つでした。

その年の「恵方」の方角にある社寺に1月1日(元日)に参拝して、その年の幸福をお祈りすることを指しました。

この、「恵方」とは、陰陽道で、その年の福徳を司る神である歳徳神さまが在位されている方角の事を指します。恵方、は十干に従って毎年方角が変わります。

昔は、立春の日が新年を迎える日であったので、本来の恵方参りは、2月の立春の節分の日にお参りしていました。

しかし、現在の暦では、元旦の1月1日に新年を迎えます。ですので1月1日にお参りするように変化してきました。

ただし、新春を迎える日以外に恵方参りをすることも全く問題ありません。特に、恵方参りにふさわしい日としては、節分、春分の日、夏至、秋分の日、そして冬至の暦上の節目の日が挙げられます。

まず、方角は、住んでいる場所から、その年の恵方の方角にある神社やお寺を選びましょう。

この際、自宅からその神社仏閣まで最低750m以上(できれば2㎞以上離れたところがいいとされています)離れていないと恵方のエネルギー(気)が発生しないので、それだけの距離があることを確認してください。
かけた労力に比礼して効果がアップすると言われているので、できる限り自宅から遠く離れた距離にある恵方の神社仏閣が良いとされています。

お墓は恵方参りをする場所としてはふさわしくないので避けましょう。

さらに、お稲荷さんの神社も避けてください。

この理由としては、お墓は不浄なものとしてみなされ、神聖な場所とは言えないからです。
また、お稲荷さんの神社はお祈りの効能、見返りを期待している場所であり、恵方参りの目的とはずれているとされています。

敷地内にお稲荷さんが含まれている大きな神社では、まっすぐ本殿に進むようにしてください。

そこで、今年の節分には日本の風習、「恵方参り」をいたしませんか?